前へ
次へ

その条文が作られた意味をしっかりと理解する

法律関係の資格を取得することを考えている人の中には民法や刑法などを勉強するのがとても大変だと考えている人もいますが、嫌々学んでもなかなか頭に入らないのでその点は工夫をする必要があります。
例えば何が書いてあるのかよく分からない条文を無理やり暗記しようとしても覚えるのは大変ですし、殆ど理解出来ないのに条文を暗唱することが出来るようになってもあまり意味はないです。
大切なことはどれだけ法律に関して理解することが出来るかと言うことでそれはイコール暗記力と言うわけではないので、その点は誤解をしないように注意深く学ぶことが大切です。
もちろん法律関係の資格試験に合格するためにはある程度条文を暗記しなければならない場合もありますが、問題を解く力を養うにはそれだけでは足りないです。
その条文に書かれていることをしっかりと理解して問題を解く力を付ける必要があるので、法律の勉強をする時には闇雲に暗記するのではなくなぜそのような条文が作られたのかをよく考えて学習するようにした方が良いです。

Page Top