前へ
次へ

法律とはどんなものがあるのかということ

法律といいますと六法であるわけですがあくまでそれしかない、というわけではないです。
六法とは憲法、刑法、民法、刑事訴訟法、民事訴訟法、商法、というのがあるわけですがこれだけが法律というわけではありませんから勘違いしないことです。
事業に関する法律などもありますし、例えば道路交通法なんてものもあります。
あくまで象徴的な法律の形態ということで六法なわけです。
この中でも憲法がまず特別視されているのは当然であるといえるでしょう。
基本は憲法に沿う形での法律しか許されないからです。
もし、そうではない法律が出来た場合、裁判所が違憲立法として差し戻しすることができるようになります。
こうした権利が裁判所にはあります。
このように法律というのは作る側と施行する側、また審査する側とがあるわけです。
これが大きな特徴であるといえますから覚えておきましょう。
一言に法といっても何を規制しているのか、ということも違うわけです。

Page Top