前へ
次へ

動物に関する法律を知っておくこと

動物愛護法という法律があります。
江戸時代、徳川綱吉の時代に生類憐みの令が発令されました。
悪法だと言われていますが、実はこれは現代の動物愛護法の魁だと言われています。
けして悪法ではないと見直されています。
犬や猫に危害を加えると罰せられます。
自分よりも弱い立場のものに対して危害を加えるということは人として絶対にやってはいけないことです。
そんなことは当たり前のようですし、一般常識ですが、実際には危害を加える人もいます。
それを動画に撮影してウェブ上で公開をするような人もいます。
そういう人が1人でも減るために動物愛護法が存在をしています。
やっていいことと悪いことを法律として出さなければ分からないというのは、時代の変化なのかもしれません。
当たり前だと思っていたことが段々崩れてきているということもあるでしょう。
守るべき存在を大切にするということは大切なことですし、人として当たり前のことなのかもしれません。

Page Top